やりがい十分で女性にも大人気!マーケティング・商品企画の仕事

マーケティング・商品企画

ここが違うマーケティングと商品企画

「マーケティングと商品企画の違いって?」と疑問に思う方もいることでしょう。簡単に区別すると、

・マーケティング…「自社の商品を売り出す」仕事

・商品企画…「売れる商品を考える」仕事

商品を「売り出す」「作る」という部分では違いがありますが、マーケティングを行うには商品企画段階の知識が必要です。また、その逆もしかり。仕事を一つの線でつなげるなら、商品企画とマーケティングはとても密接な関係にあるといえます。

お仕事内容とメリット・デメリット

これがマーケティングの仕事内容!

・市場調査&分析…市場をリサーチ。時代の流れや顧客のニーズを知る
・宣伝の計画…顧客の要望に沿ったプロモーションを考える
・宣伝の実施…メディア・インターネットでの効果的な広告展開
・評価&修正…商品が売れたかどうか振り返り、次へ活かせるように修正を行う

継続的に利益を出し、顧客が満足する仕組みを考えることがマーケティングの役割といえます。

これが商品企画の仕事内容!

・情報収集…市場に幅広くアンテナを張る。エンドユーザーの声なども参考に
・商品コンセプト…類似商品がないか、他社との差をどこでつけるかなどをチェックして企画書を作成
・プレゼン…ニーズやコストを視野に入れた社内プレゼンを実施
・販売戦略…商品発表会や販売方法の模索、商品広告の手配を行う

商品企画は自分のアイデアを形にできるのが醍醐味。更に企業の業績に貢献することができれば、喜びもひとしおです。

1 1-2 4

マーケティング・商品企画になるには?

特別必要な資格は存在しませんが、商品企画・マーケティングには情報収集力、そして鋭い現場感覚が必要。新しく企業に入る場合、すぐに配属されるのは難しいようです。まずは営業などで現場の感覚を掴み、土台作りをすることが必要のようですね。

持っておくと差がつく資格は以下のようなものがあります。

ビジネス・キャリア検定
内容は細分化しており、「営業・マーケティング」の資格で所持していればステップアップに有利です。
外国語
特に外資系の企業の場合、リサーチした資料の翻訳・本社とのやり取りで英語などの外国語が難なく使えれば仕事の幅は広がります。