キレイを応援するエステティシャン!お仕事内容と資格・適性とは?

エステティシャン

お仕事内容とメリット・デメリット

美容の専門家であるエステティシャンは、ハンドマッサージや器具を使ってお客様への施術を行います。
美と癒しを与える空間でのお仕事は女性人気が高く、自分にも役立つ知識や技術を身につけられる華やかなお仕事です。
エステティシャンの活躍場所は幅広く、エステサロンの他にホテル・美容室・岩盤浴などで働きます。また、スキルを積んでマンションの一室などに個人で開業するエステティシャンも多数。技術を活かせるので、成長の可能性は未知数。夢が広がるお仕事ですね。

これがエステティシャンの仕事内容!

施術…お客様へのカウンセリング⇒各種施術…フェイシャル・ボディケア・脱毛など
営業…美容器具・化粧品の販売

施術には、「フェイシャルのみ」など一部だけに特化したエステもあれば、全ての項目を総合的に行うエステもあります。自分がどんなお店で働きたいかチェックしておきましょう!

3 3-2 2

エステティシャンになるには?

エステティシャン・ハルカさんの場合

3 3-2 3

ひとこと「エステティシャンには特別資格がいらなくて、目指そうと思えばすぐにサロンへ就職して働くことができます。でも、人に触れて技術を提供する仕事なので、無資格だと即戦力として採用してもらうのは難しいかもしれません。エステティシャンを目指すなら、まずは学校へ通うのが大事だと思います」

エステティシャン養成学校には「認定エステティシャン」の試験を受験できるところがあるので、プロの指導で本格的にエステティシャンを目指すことができます。学校で学んだ事をサロンで活かせて、効率よくレベルアップができそうです。

☆エステティシャン・ハルカさんの信条!☆

お客様から愛されるエステティシャンになるためには、

「美意識を高く持ち、向上心を持って働く!」

お客様にキレイになってもらうには、まず自分自身が美を追求し、美しさと健康を保つことです。エステティシャンは一日のほとんどが立ち仕事で、マッサージには力もいるので体力勝負。日頃から美容や健康管理に注意を払い、お客様に「私もこんな風にキレイになってみたい!」と思ってもらえるようなエステティシャンを目指したいですね。

注目!!記事
  • マーケティング・商品企画

    商品を「生み出す」商品企画、そして商品を「売り込む」マーケティングは、企業にとってどちらも大事な仕事!女性スタッフも多数活躍中の業界を詳しくご紹介します。商品企画・マーケティングの分野でキャリアアップを図ってみませんか?

  • 薬剤師

    薬品のスペシャリスト・薬剤師。人々の健康を守るために、知識を学び成長が図れるお仕事です。薬剤師を目指す人のためのチャートや、メリット・デメリットを知り、憧れの薬剤師として活躍しましょう!

  • エステティシャン

    女性のみならず、男性にも浸透しつつあるエステの文化。エステティシャンの仕事は華やかなイメージですが、知識や技術が試される場でもあります。美と癒しを提供するエステティシャンの仕事内容や、適性、資格などをチェックしてみましょう。