キレイ・カワイイを目指す女性の憧れ!華麗なるネイリストのお仕事

ネイリスト

お仕事内容とメリット・デメリット

「美しさは細部に宿る」。ネイルはその象徴ともいえる文化です。ネイルが広く浸透するようになり、若い女性はもちろん、主婦の方やご年配の方、近年は男性もネイルサロンを訪れるようになりました。
多様化しているネイルサロンでは、いかにお客様のニーズを引き出せるか、そしてお客様が満足する技術や癒しの空間を提供できるかがネイリストの腕の見せ所になりそうです。

これがネイリストの仕事内容!

爪のケア…カウンセリングにてネイルサロン経験があるかどうかをお伺い。現在の爪の状態をチェックし、爪の形をやすりで整えるファイリング、甘皮ケアを行います
爪のアート…人口的な爪をセットするスカルプチュア、地爪の上に重ねるソフトジェル、2~3日で落とせるカラーリングがあります
その他…「爪が伸びない」「爪を噛む癖がある」などお悩みをお持ちのお客様に適切なケアを行います

3 3-3 2

ネイリストになるには?

ネイリストになるには必須の資格はありませんが、日本ネイリスト検定試験センター主催の技能検定試験に合格しておくと就職に有利です。

ネイリストの検定試験とは(検定は1級から3級まであります)

①事前審査(テーブルセット・消毒管理など)
②実技試験(ネイルケア・ネイルアートなど)
③筆記試験(マークシート方式)

ネイリスト技能検定に合格すれば、自分の技能を客観的に示すことができます。
またネイリストにとって、ただネイルをほどこすだけが仕事ではありません。サロンには癒しを求めて来店するお客様も多いので、リラックスできる心地よい環境づくりやコミュニケーション能力も評価に繋がります。

ネイリストが活躍する場所は主にネイルサロンですが、ネイリストの講師や、フリーのネイリストとしても働けます。また芸能人や雑誌モデルのネイルを担当する事もあり、活躍場所が幅広い仕事です。ただ外部からオファーを受けるには実績が必要ですから、まずはネイルサロンで技術を磨くのが第一歩。経験と実績を積んで、マンションの一室でお店を開業するネイリストも多いですよ。

注目!!記事
  • マーケティング・商品企画

    商品を「生み出す」商品企画、そして商品を「売り込む」マーケティングは、企業にとってどちらも大事な仕事!女性スタッフも多数活躍中の業界を詳しくご紹介します。商品企画・マーケティングの分野でキャリアアップを図ってみませんか?

  • 薬剤師

    薬品のスペシャリスト・薬剤師。人々の健康を守るために、知識を学び成長が図れるお仕事です。薬剤師を目指す人のためのチャートや、メリット・デメリットを知り、憧れの薬剤師として活躍しましょう!

  • エステティシャン

    女性のみならず、男性にも浸透しつつあるエステの文化。エステティシャンの仕事は華やかなイメージですが、知識や技術が試される場でもあります。美と癒しを提供するエステティシャンの仕事内容や、適性、資格などをチェックしてみましょう。