仕事を楽しむ女性、やりがいある仕事をしたい女性のためのサイトです

女性にとってのやりがいのある仕事とは

やりがいって何だろう?

働く上で、やりがいがあるか無いかを重視する女性は多いと思います。多少お給料が低くてもやりがいのある仕事をしたい、と考えている女性も少なくかいかもしれません。実際、やりがいは生き生きと働くために必要不可欠な要素ですよね。やりがいのある仕事をしたい!という気持ちがある反面、やりがいのある仕事って何だろう?と悩んでいませんか?

どんな仕事にやりがいを感じるか

どんな仕事にやりがいを感じるかは人それぞれに異なり、自分自身の環境やタイミングによっても変わるものなのかもしれません。同じ仕事でもやりがいを感じて働ける環境とそうじゃない環境、タイミングなどがあるのではないでしょうか。
「やりがい」は、大きく2種類にわけることができそうです。1つは、自分目線でのやりがい。もう1つが、他者があってのやりがいです。自分自身がその仕事や作業に没頭したり熱中できるという類のものは自分目線でのやりがいです。一方、誰かの役に立つ、ありがとうと言ってもらえる、高く評価される、責任ある仕事を任されるなどのやりがいは、他者があってのやりがいにあたります。自分目線でのやりがいは達成感と言い換えることができます。他者目線でのやりがいは存在感と言えるでしょう。達成感と存在感が、やりがいにつながります。いずれのパターンであっても、他人からやらされてる感で仕事をするのではなく、自ら率先して仕事に取り組んだ結果、得られる快感です。
どんな仕事でも、自分で何かを考えて挑戦してみることが楽しさにつながるのではないでしょうか。ほんの些細なことでも、自分で考え自分で動くことえ楽しさが見えてきます。
たとえば事務職であれば、いつものルーティンワークを5分短縮する方法を考えて実践してみます。5分短縮できたことで小さな達成感を感じることができます。そうして何か小さな目標を立てては達成するということを繰り返すうち、必然的に他者の目による評価も高まり存在感につながります。

やりがいの見つけ方

やってみたいと思って始めた仕事でも、いざ働いてみたらやりがいを感じられなかったということもありえます。逆に、特に興味はなかったのに仕事として携わるうちにやりがいを感じるようになって楽しくなってきたということもありますよね。
考えていても見つからないという人がやりがいのある仕事を見つける秘訣は、行動あるのみなのかもしれません。今の仕事に悩みがあって、毎日がつまらなかったり、会社を辞めたいなと感じたりしているなら、動いてみることで何か新しい扉が開ける可能性があります。
このサイトが、やりがいある仕事を見つけるヒントになれば、うれしく思います。

注目!!記事
  • マーケティング・商品企画

    商品を「生み出す」商品企画、そして商品を「売り込む」マーケティングは、企業にとってどちらも大事な仕事!女性スタッフも多数活躍中の業界を詳しくご紹介します。商品企画・マーケティングの分野でキャリアアップを図ってみませんか?

  • 薬剤師

    薬品のスペシャリスト・薬剤師。人々の健康を守るために、知識を学び成長が図れるお仕事です。薬剤師を目指す人のためのチャートや、メリット・デメリットを知り、憧れの薬剤師として活躍しましょう!

  • エステティシャン

    女性のみならず、男性にも浸透しつつあるエステの文化。エステティシャンの仕事は華やかなイメージですが、知識や技術が試される場でもあります。美と癒しを提供するエステティシャンの仕事内容や、適性、資格などをチェックしてみましょう。